健康保険の赤字拡大、生活習慣病の増加で

インドネシア保健省は、社会保障機関(BPJS)の健康保険部門の赤字が今年、前年比44%増の28兆ルピア(約2,168億円)に上るとみている。生活習慣病やがんなどの非感染性疾患(NCDs)患者に対する治療費の公費負担が大きくなっていることが大きな要因の一つ。23日付ビスニス…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝起きると、まず窓を開…(07/14)

大統領、検査態勢強化を指示 首都は活動制限強化も、感染増で(07/14)

西ジャワ州、マスク未着用住民に罰金適用へ(07/14)

バンテン州、PSBBを26日まで延長(07/14)

高速道の新料金収受システム導入、入札開始(07/14)

空運局、空港で無作為の薬物検査実施へ(07/14)

スマトラ高速道、事業費386兆ルピア未調達(07/14)

PPプロパティ、起債で2兆ルピア調達へ(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン