健康保険の赤字拡大、生活習慣病の増加で

インドネシア保健省は、社会保障機関(BPJS)の健康保険部門の赤字が今年、前年比44%増の28兆ルピア(約2,168億円)に上るとみている。生活習慣病やがんなどの非感染性疾患(NCDs)患者に対する治療費の公費負担が大きくなっていることが大きな要因の一つ。23日付ビスニス…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ハビビ元大統領が死去し…(09/23)

建機部品のアジア輸出拠点へ 伊藤鋳造鉄工所、新工場で加工も(09/23)

【この人に聞く】サンバルと肩並べる調味料に キユーピー、ミドル層に訴求へ(09/23)

新車販売台数、通年目標100万台に引き下げ(09/23)

越境ヘイズ対策法案、閣議了承待ち(09/23)

首都知事、EVに税制優遇の導入を計画(09/23)

第2チカンペック高速道、23日から走行試験(09/23)

新首都の公共交通、運輸相は鉄道開発を優先(09/23)

運輸省、カンボジアと交通分野で協力検討(09/23)

カザナ、インドネシア高速道路の権益放出(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン