• 印刷する

バンドン高速鉄道、首都―カラワンが15分

インドネシアの首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンを結ぶ高速鉄道(総延長142.3キロメートル)の事業主体インドネシア中国高速鉄道社(KCIC)は22日、ジャカルタから西ジャワ州カラワンまでを15分以下でつなぐと明らかにした。

ソーシャルメディアのKCIC公式アカウントで発表した。高速鉄道の停車駅は4駅。ジャカルタのハリム空港から終着駅のバンドン県テガルルアルまでノンストップで走行した場合は、36分間で運行するという。

高速鉄道の最高速度は時速350キロメートル。20分間隔で運行し1日に最大10万9,000人を輸送する計画。2021年の開業を目指している。

高速鉄道はジャカルタからバンドンまでの142.3キロメートルを36分でつなぐ計画(NNA撮影)

高速鉄道はジャカルタからバンドンまでの142.3キロメートルを36分でつなぐ計画(NNA撮影)


関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

国営製鉄、高炉再稼働に向け中国宝武と覚書(05/27)

ハラル認証の骨セメント投入 Kパワー、医療分野で事業拡大(05/27)

MRT東西線開発160兆ルピア 国際融資のほか民間投資見込む(05/27)

首都の偶数奇数ナンバー規制、25カ所に拡大(05/27)

パーム原油の国内供給義務は30%=調整相(05/27)

食用油プログラム、生産輸出業者に参加義務(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン