BMWと騰訊、天津に自動運転研究拠点

ドイツ自動車大手BMWの中国総代理店、宝馬(中国)汽車貿易と中国インターネット企業大手、騰訊控股(広東省深セン市、テンセント)は19日、自動運転車の開発を支援するプラットフォーム「チャイナ・ハイ・パフォーマンスD3プラットフォーム」を天津市に設置することで合意し…

関連国・地域: 中国-天津欧州
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中韓越の非合金鋼製品、不当廉売で調査開始(21:01)

テイクオフ:「ダナン発最終便」とい…(03/30)

28日から外国人の入国停止 ビザや居留許可の保持者も対象(03/30)

中国、新型コロナ対策で検査キットなど寄贈(03/30)

国際線運航、1社週1便に制限(03/30)

財政赤字を拡大へ、政策パッケージ策定(03/30)

鴻海傘下の鴻騰、マスク生産認可取得(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン