• 印刷する

ベトナムの不動産市場、外国投資家が注目

ベトナムの不動産市場に対する外国人投資家の需要が高まっている。ベトナム不動産仲介協会のグエン・バン・ディン書記長によれば、成約率の高さが評価されているためだ。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が20日に伝えた。

ディン氏によれば、今年上半期(1~6月)の不動産供給量と取引件数ともに前年同期と比べ減少したものの、ハノイ市とホーチミン市での需要は高かったという。同協会の統計によると、今年の上半期に5万戸以上の物件がベトナム市場に投入され、うち3万2,000戸が販売された。

ディン氏は、同国の不動産成約率が海外市場と比べ非常に高いため、外国投資家が注目していると指摘する。また、同氏は、下半期(7~12月)に不動産の供給が急増すると予測するが、「不動産バブル再来の兆しはない」との見解を示した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

欧州とのFTAばねに成長へ 発効間近、TPP超える経済効果(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

5月の輸出額15.5%減、2カ月連続で赤字(06/01)

5月CPI上昇率2.40%、原油安の影響続く(06/01)

5月の鉱工業生産、3.1%の下落(06/01)

自動車部品メーカーの部材にも輸入税0%(06/01)

ビンGの工業部門、米国を重要市場に設定(06/01)

ベトナム航空、国内線をすべて復旧(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン