• 印刷する

チャウピュー港の環境評価、法的不備の指摘

ミャンマー西部ラカイン州チャウピューで計画されている深海港の開発で、事業を主導する中国の国有企業、中国中信集団(CITIC)が着手した環境・社会影響評価(ESIA)に対し、法律上の不備を指摘する声が上がっている。ミャンマー・タイムズ(電子版)が19日伝えた。

ミャンマーの環境保護法では、チャウピュー深海港級の開発事業に際し、港を含む経済特区(SEZ)全体を対象にする調査が要求される。一方、CITICは調査の対象を港に限定する方針を示している点が疑問視されたもようだ。国際法律家委員会(ICJ)のショーン・ベイン顧問は、「中国側が港だけ開発する意向であれば、適用される法的枠組みも変更する必要がある」と述べた。

別の関係者は「CITICは、ESIAの前に戦略的環境影響評価(SEA)を行うよう求める、ラカイン州の諮問委員会の提言を履行していない」と指摘。諮問委員会は、元国連事務総長で昨年死去したコフィ・アナン氏が主導。SEAを実施して地域社会や産業への影響を精査することを求めており、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相も、委員会の提言に従う意向を示していた。

一方、CITICは今月2日、チャウピューSEZ管理委員会の関係者による初会合を開催した。6日に発表した声明では、カナダ企業のハッチをESIAのプロジェクト管理事業者に選定したことを明らかにしている。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

帰還、「準備したが実行できず」と政府発表(08/24)

武装勢力が爆破の橋、完全復旧までに1カ月(08/23)

「ロヒンギャ虐殺の意図」国連が国軍非難(08/23)

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/23)

ティーライブ、ミャンマーで年内に5店開業(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

テイクオフ:以前に住んでいたミャン…(08/23)

ロヒンギャ帰還実現せず、準備完了も安全懸念(08/23)

ムセーマンダレー鉄道の路線を選定、国鉄(08/23)

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン