• 印刷する

SK社長が日本訪問、半導体材料調達で協議

22日付韓国メディアは、韓国半導体大手SKハイニックスの李錫熙(イ・ソッキ)社長が21日に日本入りしたと伝えた。日本からの輸入依存度の高い半導体材料3品目が4日から輸出規制の強化対象となったことを受け、取引先を訪問して、今後の調達方法について協議する。

同社は、実務の総責任者である金東燮(キム・ドンソプ)対外協力総括社長が日本出張から帰国したばかり。業界では「輸出規制が長期化し、規制対象がさらに広がる事態に備えて、トップが直接協議に乗り出した」との見方が出ている。

日本が今回規制を厳しくした純度の高いフッ化水素、フォトレジスト(感光材)、フッ化ポリイミドの3品目は、日本企業が7~9割のシェアを握っている。SKハイニックスはフッ化水素の国産品を性能テストするなど調達先の多様化に力を入れているものの、日本産の代替は難しいのが現実だという。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:学校の登校が順次再開さ…(06/04)

韓国造船が大型受注で安堵 雇用維持に貢献、安値受注に課題(06/04)

新型コロナ感染者、49人増の1万1590人(06/04)

5月の消費者物価、原油安でマイナスに(06/04)

19年の1人当りGNI、4年ぶりマイナス(06/04)

5月末の外貨準備高、33.3億米ドル増(06/04)

現代製鉄が電気炉停止、受注減で生産調整へ(06/04)

ルノーサムスン労組、強気の賃上げ要求へ(06/04)

SKT、ミャンマーのサイバー保安市場進出(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン