メラルコ、電力供給改善に緊急設備投資

フィリピンの配電最大手マニラ電力(メラルコ)が、2019年7月1日~20年6月30日に緊急設備投資として151億9,000万ペソ(約320億円)を充てる計画案をエネルギー統制委員会(ERC)に示した。電力供給の効率化と安定が主な目的。地元紙スターが伝えた。 同社によると、現在の契…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:有名な葬儀屋がブラック…(06/02)

大手、設備投資を大幅削減 新型コロナでリスク回避姿勢(06/02)

コロナ感染新たに552人、累計1万8638人(06/02)

冷蔵設備サンデン、現法が本格始動(06/02)

政府が45億ドル調達、国際金融機関などから(06/02)

独企業の51%が投資留保、外資規制など背景(06/02)

外出制限違反に二重基準、経済団体が批判(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン