• 印刷する

EV優遇政策の実施、運輸省が各州に要請

インドの道路交通・高速道路省は各州政府に対し、電気自動車(EV)の普及に向けた優遇政策を打ち出すよう要請した。道路税の減免や充電施設の設置用地提供などを求めている。エコノミック・タイムズ(電子版)が伝えた。

同省は、◇EV購入・導入コストの回収などを目的とした道路税の減免◇商業施設や駐車場での充電施設設置に向けた用地の確保◇シェアード・モビリティー(移動手段の共有)サービスや公共交通機関でのEV活用――などを具体化する政策の立案を各州に要請。さらにEVのナンバープレートを緑色に変更することや、電動スクーターに限って免許取得可能な年齢を一律16歳に引き下げる中央政府の取り組みにも協力するよう呼び掛けた。

政府はナンバープレートの色を変更して燃料車と区別することで、高速料金を割り引くといった優遇措置を導入していく狙い。インドでは現在、自家用車は白、商業用途の乗用車は黄色など、車両の用途別にナンバープレートの色が区別されている。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

19年度の成長率4.2%、11年ぶり低水準(05/29)

30年で最大規模のバッタ襲来、食糧被害懸念(05/29)

テイクオフ:緊急事態宣言の解除後も…(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

二輪ロイヤル、四半期ごとに新型発売へ(05/29)

独VW、新たな購入支援策を導入(05/29)

空気圧縮機エルジ、中国子会社の閉鎖を決定(05/29)

日用品業界の設備稼働率、7割以上に回復(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン