開城工団は強制労働、再開なら直接支給を

【共同】韓国の文在寅大統領が北朝鮮との経済協力事業である開城工業団地の再開に意欲を示している。朝鮮労働党39号室で長く外貨稼ぎに携わった元幹部、李正浩氏(米在住)は同団地の実態は集団強制労働だったとし、再開するなら賃金を労働者に直接支払うよう改めるべきだと語った…

関連国・地域: 北朝鮮
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、35人増の1万1503人(16:11)

ロッテケミカル、「脱・石油化学」を推進(18:03)

製薬カルベ、6月にコロナワクチン臨床試験(05/29)

テイクオフ:2019年9月、スクー…(06/01)

物流センターで集団感染 防疫対策おざなり、遠のく収束(06/01)

新型コロナ感染者、27人増の1万1468人(06/01)

5月企業景況感は53、コロナで不振続く(06/01)

ファーウェイの代替育成、10カ国連携模索か=英(06/01)

ミャンマー国際航空、ソウル貨物輸送を拡大(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン