• 印刷する

違法書類保持の外国人、10カ国の7万人摘発

カンボジア内務省は、17日時点で7万人近い移民から違法書類を押収したことを明らかにした。移民の国籍は10カ国・地域に及び、大半はベトナム人だったという。与党のカンボジア人民党が18日に公表した。

サル・ケン内相は、移民警察が10カ国・地域出身の移民6万9,871人(2万93世帯)が所持していた違法書類3万7,441枚を押収し、無効化したと報告。「身分証明書や住民票をはじめとする書類の違法性を見逃していれば、7万人近い移民が不当にカンボジア国籍を取得する事態を招いていた」とコメントした。

一方で、移民登録の申請は7万1,991件(3万2,735世帯)、永住許可申請は6万2,531件(11カ国・地域の2万8,571世帯)に達していることも分かった。申請者の国籍はベトナムが大半で、他はラオス、タイ、ミャンマー、中国などとなっている。

カンボジアでは1994年に移民法が成立した。プノンペン・ポスト(電子版)は、同年以降で7万人を超える移民が永住権を取得したと報じている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

今年のGDP、マイナス2.9%成長も=世銀(06/02)

米ドル紙幣回収で混乱、首相が事態収拾へ(06/02)

中国アパレル大手、首都で新たに土地確保(06/02)

1~5月の精米輸出量、42%増の35.6万トン(06/02)

ベトテルグローバル、今年は15%増収を目標(06/02)

減産で先行き不安、日系の自動車関連企業(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン