• 印刷する

仏PSAが東南アへ輸出開始、比皮切りに

マレーシアのコングロマリット(複合企業)ナザ・コープ・グループ傘下のナザ・オートモーティブ・マニュファクチャリング(NAM)は、フランスの自動車大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)との合弁契約に基づき組み立てた乗用車を、フィリピンに出荷したと発表した。NAMによる東南アジア諸国連合(ASEAN)市場への輸出は初めて。域内の他の国への輸出も近く開始する予定だ。18日付スターなどが伝えた。

フィリピンに出荷したのはPSAのスポーツタイプ多目的車(SUV)「プジョー3008」(排気量1600cc)。今月中に現地に到着する予定だ。同国へは2023年までに、4,000台以上のプジョー3008とSUV「プジョー5008」(1600cc)を輸出する計画という。

NAMは主に欧州車メーカーの組立・販売を手掛ける。2018年2月にPSAが株式56%を取得し、合弁契約を締結した。これに基づき、NAMがクダ州グルンに保有する工場をPSAが取得し、東南アジアの生産拠点として輸出を開始することになっていた。

NAMはプジョーのほかシトロエン、高級車ブランドのDS、オペルといったPSA車も輸出する計画。PSAのASEAN部門のトップを兼任するNAMのローレンス・ノエル最高経営責任者(CEO)は、「より多くの車種が近く他のASEAN諸国にも輸出されるだろう」と述べた。


関連国・地域: マレーシアフィリピン欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/23)

ティーライブ、ミャンマーで年内に5店開業(08/23)

企業景況感が大きく悪化 法人税減税、企業4割が要望(08/23)

独メルセデス、現地工場から比へ輸出開始(08/23)

プロドゥア、小型車アジアの新型予約を開始(08/23)

RM1=25.4円、$1=4.18RM(22日)(08/23)

外国人労働者の影響、政府が包括的調査へ(08/23)

格付けMARC、来年上半期の利下げ予想(08/23)

安価な移動型小売店、首都圏の住宅地で開始(08/23)

融資却下の中小企業に助言、オンラインで(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン