• 印刷する

自動車展:日系商用車3社、新モデル発表も

国内最大のモーターショー「ガイキンド・インドネシア国際オートショー(GIIAS)2019」が開幕した18日、日系商用車メーカー3社はそれぞれ新モデルや戦略などを発表した。三菱ふそうは1月から全国で本格販売を開始した「ファイター」のモデルを拡充し、中型トラックの販売に力を入れる。いすゞは小型トラックの販売を強化しており、年内の輸出開始に向けて認証取得を進めている。日野はハイブリッド車(HV)を紹介し、政策に沿った環境車投入の用意が整っていることを強調した。【高越咲希】

■三菱ふそう、ファイター追加モデル6種

三菱ふそうトラック・バスのインドネシア製造販売会社クラマ・ユダ・ティガ・ブルリアン・モータース(KTB)は、中型トラック「ファイター」の追加モデルとなる6モデルを発表した。既存の9モデルと合わせて全15モデルとなる。

KTBは中型トラック「ファイター」の追加モデル6種を一挙に投入した=18日、バンテン州タンゲラン(NNA撮影)

KTBは中型トラック「ファイター」の追加モデル6種を一挙に投入した=18日、バンテン州タンゲラン(NNA撮影)

追加モデルは、ホイールベースの長さが5~7.1メートルと、従来のモデルよりも全長が長い。KTBの栗田敦(くりた・あつし)社長は「ホイールベースが長ければ積める荷物の量も増えるため、インドネシアでは好まれる傾向にある。特に、昨年秋ごろから政府の過積載規制が厳しくなってきているため、ロングモデルの需要が増えるだろう」と語った。

KTBは現在、小型トラックのセグメントでは60%の市場シェアを誇るが、中型トラックでは20%にとどまっている。栗田社長は「今後は中型トラックの販売に力を入れていく。現在200~300台程度の月間販売台数を、年内に500台まで拡大したい」と話した。今回のロングモデル投入で、来年以降中型トラックのシェアを40%まで引き上げることを目指す。また、2021年4月から国内で欧州排ガス規制「ユーロ4」の適合が義務付けられることをきっかけに、ユーロ4対応の国に向けて輸出も検討していく。

■いすゞ、年内にも完成車輸出を開始

IAMIは年内にも「TRAGA(トラガ)」の完成車輸出を開始する=18日、バンテン州タンゲラン(NNA撮影)

IAMIは年内にも「TRAGA(トラガ)」の完成車輸出を開始する=18日、バンテン州タンゲラン(NNA撮影)

いすゞ自動車のインドネシア現地法人、いすゞアストラモーターインドネシア(IAMI)は、キャブオーバー型軽量トラック「TRAGA(トラガ)」と7人乗りスポーツタイプ多目的車(SUV)「mu―X」のマイナーチェンジモデルを発表した。

トラガについては、年内にも東南アジア地域を中心に完成車輸出を開始する。IAMIの山崎芳雄(やまざき・よしお)取締役(製造部門)は「(トラガは)小型トラック『エルフ』よりもさらにひと回り小さく、小回りが利く。急成長している電子商取引(EC)の配送に適している」と述べた。昨年4月に発売してから、同年末までの販売台数は3,000台に上り、今年は国内で6,000台を目標に販売を伸ばす。輸出台数も同じく年間6,000台を目指し、フィリピンを皮切りに東南アジア市場を狙う。将来的には現地で組み立てるノックダウン(CKD)生産とすることも検討している。

■日野、ハイブリッド車販売へ

日野自動車のインドネシア販売子会社、日野モータース・セールス・インドネシア(HMSI)は、環境性能に優れた「日野デュトロ・ハイブリッド」やダカールラリーでも活躍した中型商用車「日野レンジャー」、輸出用小型トラック「日野デュトロ」などを紹介した。HMSIの榧木寛雄(かやのき・ひろお)社長は「世界中で既に2万2,000台以上のハイブリッドトラックを販売した。インドネシアでも今後、電動化の流れに合わせてデュトロ・ハイブリッドの販売を開始していく」と述べた。榧木社長によると、デュトロの新車販売台数は現在約2,500台。25年までにこれを年間1万台まで高めていく目標としている。

上半期(1~6月)は石炭など資源業界の伸び悩みや選挙前の買い控えなどで販売は低調となったが、下半期(7~12月)は株価上昇やルピア高などから投資が増え、建設系の需要が増えると予測。全体で当初の年間目標である4万5,000台の販売を目指すと話した。

「デュトロの販売台数を25年まで年間1万台まで高めていく」と話すHMSIの榧木社長(右から3人目)。写真は中型商用車「日野レンジャー」=18日、バンテン州タンゲラン(NNA撮影)

「デュトロの販売台数を25年まで年間1万台まで高めていく」と話すHMSIの榧木社長(右から3人目)。写真は中型商用車「日野レンジャー」=18日、バンテン州タンゲラン(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

アフリカ豚コレラ、国内で発生は確認されず(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

新興国で新しい研修「留職」 日本のNPO法人が派遣を支援(08/23)

労働法の改正進まず、権利侵害の恐れと労組(08/23)

中銀が5.5%に利下げ、2カ月連続(08/23)

首都移転先は東カリマンタン州、都市計画相(08/23)

コンクリ大手、首都移転に備え工場建設計画(08/23)

北カリマンタン州に国内最大の水力発電所(08/23)

首都空港第4ターミナル、設計入札2社通過(08/23)

エアバス機の輸入停止も、EUへの報復措置(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン