ラーガン、車載用レンズ市場から撤退か

光学デバイス大手の大立光電(ラーガン・プレシジョン)が車載用レンズ市場からの撤退を決めたとの観測が浮上している。自社のリソースを競争力のあるスマートフォン向けレンズに集中させるのが狙いとみられる。17日付経済日報が消息筋の話として伝えた。 ラーガンは、現在の車載…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 自動車・二輪車その他製造IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:退勤後になじみのコンビ…(06/02)

【業界探訪】アジアの東西結ぶ拠点に 網家の蔡凱文総経理に聞く(06/02)

鴻海トップ、製造業はリージョナル生産へ(06/02)

TSMCの5ナノ増産投資、来年1Qに延期(06/02)

DRAM取引価格、直近1年で最高=集邦(06/02)

台湾サプライヤー、スマホ需要低迷に懸念(06/02)

5月の二輪車販売、2カ月ぶりプラス(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン