緑能の解散問題、取引6行の損失計15億元か

台湾家電大手の大同(TATUNG)グループで、太陽光発電用の多結晶シリコンなどを製造する緑能科技(グリーンエナジーテクノロジー)が15日、解散を決議したことに絡み、台湾の金融監督管理委員会(金管会)銀行局は16日、緑能科技との取引が多かった銀行6行の損失額が計14億…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

経済成長率予測、マイナス1%維持=DBS(11:47)

テイクオフ:台湾で新型コロナウイル…(06/04)

振興券が1兆元の商機喚起か 業界予測、販促の動き加速へ(06/04)

日月光の封止業務、5G需要で21年まで好調(06/04)

国巨が協調融資、業界最多の485億元獲得(06/04)

永大が防疫エレベーター投入、受注1割増へ(06/04)

晟徳出資の中国企業、米アッヴィと戦略提携(06/04)

コロナのAI診断システム、台湾から輸出(06/04)

岱宇国際、7月まで受注いっぱい(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン