【グラフでみるASEAN】輸出額(5月)

東南アジア諸国連合(ASEAN)の5月の輸出額は主要6カ国で明暗が分かれた。ベトナムが前年同月比8%増と、6カ国で最も伸びが大きかった。マレーシア、フィリピンもプラス成長だった。一方、シンガポールは16%減と不振。インドネシアとタイも前月に引き続きマイナス成長だ…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

人件費削減、キャピタランドとSMRTも(18:42)

米商工会の7割超、新型肺炎で減収予測(18:09)

商業施設の客足、ほぼ通常水準に回復(18:16)

山梨県が販売拠点廃止、輸出増で方針転換(18:16)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

テイクオフ:2月も終わりに近づき、…(02/27)

【代替食品市場】世界初の「培養エビ肉」製造 新興シオック、22年商用化へ(02/27)

1~2月のFDI認可額、24%減の65億ドル(02/27)

累計93人、新たに2人(26日正午)(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン