• 印刷する

現代自、EV事業に200億ルピーの投資計画

韓国の現代自動車は、インドでの電気自動車(EV)の新モデル開発や販売網の構築に200億ルピー(約315億円)以上を投資する方針だ。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が16日に伝えた。

新たなモデルは、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)やハッチバックなどを検討している。現代自のインド法人ヒュンダイ・モーター・インディア(HMIL)のキム社長は、「購入しやすい価格のEVを開発する」と述べ、販売価格の目標を約100万ルピーに設定していると明らかにした。同社は、開発したEVを南部タミルナド州チェンナイの工場で生産する予定だ。

同社はまた、インドにバッテリー工場を設置することも視野に入れている。キム社長によると、バッテリーの生産に関しては韓国のLG電子やサムスン電子傘下でバッテリーを扱うサムスンSDI、中国企業などとの提携を考えているという。

現代自動車は10日、SUVのEV「コナ・エレクトリック」をインドで発売した。価格は253万ルピー。同モデルは、11都市のディーラー15社での限定発売となる。


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 自動車・二輪車電機

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:寝台列車が好きだ。初め…(06/02)

地場携帯、中国から拠点移転 80億ルピー投じ印を輸出ハブへ(06/02)

自動車業界の設備投資、昨年度は18%減(06/02)

印から帰国者4人感染、累計228人=1日朝(06/02)

自動車M&M、電動車戦略で三輪車事業に重点(06/02)

反中アプリの人気急騰、ダウンロード百万回(06/02)

首都圏政府が資金不足、中央に支援要請(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン