太陽光開発ラッシュでひずみ 25年目標突破、送電追いつかず

ベトナムで太陽光発電所の開発が急ピッチで進み、送電能力不足を問題視する声が高まっている。ソーラー発電能力は、今年6月末に期限を迎えた固定買い取り制度(FIT制度)により、2025年目標の総出力4,000メガワット(MW)を前倒しで達成した。一方、送電線の過負荷が発生して…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

VJCC塾生、広がる輪 経営改革へ「日本式」伝搬(下)(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

伊藤忠エネクス、カーライフ事業を越展開(11/21)

ベトジェット、外銀と152億円の協調融資(11/21)

中古旅客機、製造10年超えは輸入禁止(11/21)

奇力新が越に生産移管、20年上期に完了(11/21)

FLCホームズ、1株1.5ドルで12月上場へ(11/21)

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(11/21)

SCIC、シエンコ5の株40%を売却へ(11/21)

東南ア訪日者24%増、全ての国で2桁成長(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン