• 印刷する

テイクオフ:久しぶりに公共の場で激…

久しぶりに公共の場で激高する人を見かけた。通勤のためにジプニー(フィリピン式乗り合いバス)を探していたところ、路肩に停車していた1台を発見。他の流しのジプニーに比べても乗客が少なく、ラッキーだと思い飛び乗った。だが、5分ほど停車して車内はすし詰め状態に。

これ以上は乗客を乗せられないと判断した運転手はアクセルを踏み込んだ。が、出発して間もなく、後ろで笛の音が鳴り響いた。不運なことに、乗り合わせたジプニーが交通整理員に捕まってしまったのだ。運転手は速度を上げて逃げようとしたが、勇気ある市民バイカーがジプニーを停車させた。

運転手は怒りにまかせ、「バカヤロー」と大声で交通整理員に罵声を投げかけていた。交通整理員は冷静に違反内容を伝えた。運転手はついに泣き出し、先に支払った運賃は払い戻されることもなく、連行された。(Y)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マカティ市「小東京」で強盗、日本人被害(17:01)

新型コロナ感染者3018人に、死者は136人(19:14)

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(14:33)

外出制限、段階解除か 経済優先、感染防止策は維持(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

食料品店は12時間営業を、大統領府(04/03)

比、7歳女児が死亡(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン