• 印刷する

グローブ、家庭用無線通信でシェア8割超

フィリピンの通信大手グローブ・テレコムは、2019年6月末時点の家庭用の無線ブロードバンド(高速大容量)サービスで、国内シェアの84.4%を占めたと発表した。前年同期から7.5%上昇し、過去最高となった。今月から次世代高速通信規格の第5世代(5G)による家庭用サービスを開始する予定で、さらなる契約世帯数の拡大を図る。

グローブは17年に、プリペイド(前払い)の家庭向け高速WiFi(ワイファイ)サービスを開始。家庭用無線ブロードバンドのシェアは、17年通年で73.4%だった。

今月には、東南アジア初となる5G通信システムによる家庭用サービス「グローブ・アット・ホーム・エア・ファイバー5G」をマニラ首都圏などで開始する。通信速度は50~100メガビット毎秒(Mbps)。

市場調査会社カンター・ワールドパネルによれば、フィリピンの家庭用ブロードバンドの利用率は3月末時点で27%となっている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

日比LNG計画で延長申請 調整に時間、23年稼働は維持(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

フィリンベスト、日立系と水処理で合弁(08/23)

独メルセデス、現地工場から比へ輸出開始(08/23)

半導体ローム、車載液晶向け新IC生産(08/23)

人事労務関連法に対応急務、アイキューブ(08/23)

米社の浮体式LNG設備建設、エネ省認可(08/23)

貿産省、輸入セメントの緊急関税額見直し(08/23)

中国企業受注のカリワダム、計画見直しへ(08/23)

経済区庁、税制優遇は「条件付き」(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン