僑力化工、桃園工場に生産ライン増設

化学原材料メーカーの僑力化工(サンリット・フルオロケミカル)は、桃園市観音区の工場に3本目となる半導体用高純度フッ化水素酸の生産ラインを設置する。需要拡大を見越した動きで、2020年第4四半期(10~12月)の稼働を見込む。 15日付工商時報によると、僑力化工は18年下半…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電機化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(19:53)

新型コロナの感染者、322人に(17:10)

テイクオフ:台北市の歓楽街、林森北…(03/31)

【肖像】細胞自動培養で肺炎治療に光 博訊生物科技の秘心吾博士(03/31)

TSMC、3ナノの試験生産を延期へ(03/31)

PC2社、印で製品値上げか=需給逼迫で(03/31)

ゴゴロのシェアサービス、台南に進出(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン