• 印刷する

日本の輸出規制、韓国政府が中小企業を支援

韓国の中小ベンチャー企業省は、日本の輸出規制強化に伴い、韓国の中小企業が被害を受けた際に、直接申し出ることができる窓口を15日から運営すると発表した。

すでに同省は関係機関などと共同で日本輸出規制対応の作業部会を設置。全国12カ所の地方庁に設けた「申告センター」に中小企業が被害や問題点などを申し立てれば、中小ベンチャー企業省と政府の作業部会が問題解決に向けた方策を模索する。

売上高減少など具体的な被害が出ている企業に対しては、緊急の「経営安定資金」を提供する。日本の規制回避や代替輸入先の確保といった短期コンサルティングも行う予定。

同省は「今回の事態を機に、素材と部品、装備分野で世界レベルのベンチャー企業が育つよう、政策手段を総動員する」と述べた。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本製品のボイコットが…(08/22)

【日韓対立】高まるカントリーリスク 日系は信頼重視、韓国は依存脱却(08/22)

韓国政府、日本食品の放射性物質検査を強化(08/22)

7月の訪日韓国人7.6%減、日韓関係悪化で(08/22)

韓国ビールの販売拡大、日本の不買運動で(08/22)

暁星、炭素繊維事業の育成に890億円投資へ(08/22)

韓国の半導体部品メーカー、越に工場設立(08/22)

日韓外相、対立緩和見えず(08/22)

徴用工問題解決へ協議を、韓国=柔軟姿勢も(08/22)

韓国政府が20年投資戦略、新事業に4千億円(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン