• 印刷する

テイクオフ:「朝ラン派」か「夜ラン…

「朝ラン派」か「夜ラン派」かと聞かれたら、断然朝ラン派だ。午前5時前に起き、香港島の自宅に近い海沿いのプロムナードを走るのが定番コース。すれ違うのは、お年寄りばかりだが、特に平日はランナーも少なく走りやすい。

ただ、朝ラン派だった当方も最近、夜ランの魅力に気が付いた。夜は仕事を終えて走るランナーや、散歩を楽しむ家族連れやカップルでプロムナードが混雑するため、ある日、山側の坂道をメインに走ってみたのがきっかけだ。すれ違うランナーは毎回1人か2人。昼間と見える景色が違う新鮮さに加え、夜の風も意外に心地よい。坂道も最初は厳しかったが、日を追うごとにスピードが出始めた。

朝ラン派を自認していたが、詰まるところ何派でもいいのだ。自分の体調と、何より楽しめるかどうかも大事。夜ランは日焼けを気にしなくていいのもメリットだ。(輝)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

カルフール同業買収、専門家「全聯の脅威」(12:03)

海外移住への関心再び 国家安全法制定で、若者顕著(06/03)

米の優遇廃止「二重基準」と批判、行政長官(06/03)

林鄭氏、3日に北京訪問=国家安全法巡り(06/03)

集合制限令と入境制限を延長、香港政府(06/03)

新たに6人のコロナ感染確認、累計1093人(06/03)

企業の6割は国安法制に肯定的、総商会調査(06/03)

必要時は人民銀から米ドル調達、財政長官(06/03)

小売市場の年内回復は困難、専門家が予測(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン