• 印刷する

テイクオフ:どこの国にも話好きなタ…

どこの国にも話好きなタクシー運転手がいる。国内外の事情に詳しかったりするため、現地の情報収集で役立つ場合が多い。ただ今回出会った初老の運転手は少し趣が異なった。

車内に乗り込むと、世界情勢から話が始まる。イランや北朝鮮が核弾頭を持っているのはよくない、米中貿易摩擦はシンガポールにとっても脅威だ、といった具合だ。適当に聞き流していると、「日本人か」と聞いてくるので、「そうだ」と答える。すると、第2次世界大戦時の日本軍のアジアでの振る舞いはよくなかったと言い始め、最近の韓国に対する輸出規制もやりすぎだとまくし立てる。

年齢からすると、過去に日本人から直接被害を受けたわけではなさそうだが、親の世代から日本の悪い面を聞いていたのかもしれない。昔の出来事が語り継がれ、現代に影響するのは歴史が証明している。海外で生活する一日本人として、襟を正さねばとあらためて思う。(樹)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール南端にある…(08/22)

2021年までオフィス賃料上昇 東南ア4都市、テック企業増で(08/22)

東南アの訪日者、7月は7%増の22万人(08/22)

スマホアプリで商標登録、世界初の試み(08/22)

4~6月期の業績悪化、上場企業6割(08/22)

固定資産の投資額、上半期は前年比5割増(08/22)

DBS銀、20年にクレジットカード事業参入(08/22)

京セラ14億円申告漏れ、子会社の所得(08/22)

東京海上、米社の新興企業支援事業に参加(08/22)

MS共同創業者の投資会社、東南アに106億円(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン