• 印刷する

テイクオフ:ゴールは、ほんの数メー…

ゴールは、ほんの数メートル先。なのにとても遠い。車やバイクが次から次へと目の前を走り、最初の一歩がなかなか踏み出せない。

自宅マンションから道路を挟んで向かいのオフィスまで徒歩通勤。最難関が横断歩道だ、と話すのは当地に赴任して数カ月という日本人男性。日本の小学校で習った「手を上げて渡りましょう」と悠長なことを言ってては、瞬時にはねられかねないのが当地の道路事情だ。

そこに現れたのが、ビルの警備員。毎日炎天下で待機する職業故か肌の色が黒く、こわもての表情。ところが優しい笑顔で男性が道を渡り切るまで誘導してくれ、助かっているという。

所変わって、自宅アパート前に最近できたユニークなイラストの横断歩道。目立つ黄色で「注意」と書かれているが、通行車はみな速度を落とさないのが残念だ。でも横断歩道、警備員と一緒に渡れば怖くない。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アフリカ豚コレラ、国内で発生は確認されず(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

新興国で新しい研修「留職」 日本のNPO法人が派遣を支援(08/23)

労働法の改正進まず、権利侵害の恐れと労組(08/23)

中銀が5.5%に利下げ、2カ月連続(08/23)

首都移転先は東カリマンタン州、都市計画相(08/23)

コンクリ大手、首都移転に備え工場建設計画(08/23)

北カリマンタン州に国内最大の水力発電所(08/23)

首都空港第4ターミナル、設計入札2社通過(08/23)

エアバス機の輸入停止も、EUへの報復措置(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン