• 印刷する

テイクオフ:いま住む台北市のホテル…

いま住む台北市のホテルの周りは古い町並みで、大陸や香港ではあまり見かけない路地裏があって、歩くには実に楽しい。ところがこの日も周辺を歩いていると、何とも奇妙な光景に出くわした。細い裏通りの車道沿いにある築50年はあるだろう古いビル。車庫か地下室につながる道が見えるが、のぞくとそこを降りる道の斜度があまりにもきつい。

よくよく周りを見渡すと、古いビルは地下駐車場につながる道がどれもほぼ急斜面。馬力のない古い車なら上がってこれるかどうか、下るにしてもブレーキは大丈夫なのかどうか、不安に思えるほどだ。

地下空間の利用範囲が狭い敷地の内に限られる中、地下に降りる道が鋭角にならざるを得なかったと推察されるが、こんな角度は他の中華圏では見たことがない。台湾には独自発展を遂げた文化がまだまだありそうで、街歩きはやめられそうにない。(崇)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

6市の建物売買移転件数、5月は2割減(18:00)

新型コロナ感染者、2日ぶりゼロ(18:00)

テイクオフ:退勤後になじみのコンビ…(06/02)

【業界探訪】アジアの東西結ぶ拠点に 網家の蔡凱文総経理に聞く(06/02)

鴻海トップ、製造業はリージョナル生産へ(06/02)

TSMCの5ナノ増産投資、来年1Qに延期(06/02)

DRAM取引価格、直近1年で最高=集邦(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン