「若年層」引き下げで対象人口500万人減少

マレーシア連邦議会下院が先週末、「若年層」の対象年齢引き下げ案を可決したことに対し、州政府や産業界などから反発の声が上がっている。従来の「15~40歳」を「15~30歳」に引き下げることで、若年層の厚みは500万人減少すると試算される。家庭を持ち、生活基盤を築き始める30代…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首都中心部の高層住宅、コロナ急増で封鎖(17:52)

今年成長率マイナス0.1%、世銀が下方修正(21:02)

テイクオフ:インドネシア・バリ島に…(03/31)

景気刺激策、企業から不満噴出 給与肩代わりは条件や金額に批判(03/31)

RM1=24.8円、$1=4.34RM(30日)(03/31)

原産地証明の申請、活動制限令中でも可能に(03/31)

マレーシア企業、オクバウで送電線建設受注(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン