• 印刷する

KTB証券タイ、海通国際証券と提携

業務提携を発表したKTB証券(タイランド)のウィン会長(右)と海通国際証券グループ(シンガポール)のチェン・スアン最高経営責任者(CEO、中)ら=11日、バンコク(NNA撮影)

業務提携を発表したKTB証券(タイランド)のウィン会長(右)と海通国際証券グループ(シンガポール)のチェン・スアン最高経営責任者(CEO、中)ら=11日、バンコク(NNA撮影)

韓国の金融サービス会社KTBグループ傘下のKTB証券(タイランド)は11日、中国の海通証券の子会社で香港上場の海通国際証券集団のシンガポール子会社と業務提携契約を交わしたと発表した。資産管理や株式調査などで協業する。

KTB証券(タイランド)の発表によると、海通国際証券グループ(シンガポール)との契約は今年初旬に行われた。資産管理や株式調査、証券業務、理財商品の4分野で提携する。今回の業務提携は、同社の海外事業の拡大や顧客に外国市場の投資サービスを提供するための重要なステップだとしている。提携の第1弾として、年内にも中国の米ドル建て債券の取り扱いを始める予定だという。

KTB証券(タイランド)のウィン会長は、「両社ともに銀行の子会社ではない独立した証券会社であり、経営構造や従業員の性質が似ていることから協業することを決めた」とコメントしている。


関連国・地域: 香港タイシンガポール
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

自動車生産、1月は13%減 通年見通しは200万台に据え置き(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

1月の自動車輸出は20%減、7カ月連続縮小(02/21)

ダウェー特区開発、中国国営企業が投資意欲(02/21)

撤退発表のGM、在庫を大幅値下げへ(02/21)

GPSCと高砂、ラヨーンに電池工場建設へ(02/21)

日本のインフラ技術を訴求、首都でセミナー(02/21)

東芝、20年は家電販売で15%増収目標(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン