北京の夜間経済振興、通州区も参戦

北京市がナイトタイムエコノミー(夜間の経済活動)の活性化を目指す中、今年1月に中国共産党北京市委員会や市政府庁舎などが市中心部から移転してきた行政副都心の通州区は10日、ナイトタイムエコノミーの繁栄を消費促進につなげるための作業プランを発表した。北京商報(電子版…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 小売り・卸売りサービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

上半期のロボット市場42億ドル、世界の3割(18:26)

米アマゾン、越境ECで地盤 ベトナムのネット経済激変(上)(08/21)

テイクオフ:香港人は名前に独自のロ…(08/21)

テイクオフ:かつて、中国各地の省・…(08/21)

ムセの国境貿易が完全停止、武力勢力襲撃で(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

現代自、インドシフト鮮明 「グランドi10」新型を世界初投入(08/21)

自動車産業は5年内が正念場 業界に危機感、半数倒産の予測も(08/21)

中国国境貿易、チンシュエホーでも停止(08/21)

雇用対策費の追加も、李首相(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン