ジャール平原の巨大石壷群、世界遺産に認定

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は6日、アゼルバイジャンの首都バクーで開催した第43回世界遺産委員会で、ラオス北部シェンクワン県ジャール平原の巨大石壺群を世界遺産に登録することを決定した。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が8日伝えた。 ジャール平原の石壺群は、紀…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 観光社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

今年はマイナス成長、ADB根岸氏が講演で(06/02)

南部の火力発電所、シンガポール系が調査(06/02)

スポーツ試合など再開認める、政府が新指針(06/01)

デング熱の感染拡大、保健省が注意喚起(06/01)

アジア開銀から2千万ドル、新型コロナ対策(06/01)

豪パンオースト、ザガインで新たな採掘権(06/01)

国営放送に衛星活用、政府が運用会社と契約(05/29)

【ラオス経済通信】5月閣議を開催 第149回(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン