• 印刷する

環境査察の新ラウンド開始、6省市などから

中国生態環境省は8日、全国の省・自治区・直轄市をくまなく回る大規模環境査察の第2ラウンドを近く開始すると発表した。第1弾では上海、福建、海南、重慶、甘粛、青海の6省・直轄市と、中国五鉱集団、中国化工集団の2社が対象となる。

中国では2015年12月の河北省を皮切りに、18年までに全国31省・自治区・直轄市への大規模査察と、その成果を確認する「振り返り査察」を実施してきた。今年から始まる第2ラウンドは、再び4年をかけて全省区市への査察と振り返り査察を行う。今ラウンドでは地方の省区市だけでなく、中央政府が直轄する国有企業(中央企業)も新たに査察対象として加える。

査察期間は各地方、企業ごとに約1カ月を予定。第1ラウンドの査察で明らかになった問題点の改善状況や、環境関連の法律法規および政策の実施状況、市民から寄せられる通報への対応状況などを検査する。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:北京では13日から学校…(07/16)

対中輸出減が回復の足かせに 中間財に依存、ASEANも追撃(07/16)

国内ツアー解禁、市場復調へ 観光地の入場規制も緩和(07/16)

バンコク自動車見本市、外資が電動車を訴求(07/16)

アクア・ジャパン、コロナでも15%成長目標(07/16)

機動車保有台数、6月末で3.6億台(07/16)

中小企業への滞納防止へ、国務院が条例公布(07/16)

米の香港自治法成立、中国は反発(07/16)

就職データ水増し厳禁、教育省が大学にくぎ(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン