予算案は投資促進に主眼 政策と税務をKPMGが解説

インド政府が5日発表した2019/20年度(19年4月~20年3月)予算案には、インフラ分野を中心に投資促進を狙う項目が並ぶ。道路や鉄道などの整備を通じて国民全体の生活を底上げし、24年までに経済規模を5兆米ドル(約542兆円)に膨らませることが目標だ。大手会計事務所KPMG…

関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:21日は、オフィスの入…(10/22)

産業大動脈、整備進行 大型開発で日系企業の参加に期待(10/22)

アダニの空港事業、1800億ルピー投じる計画(10/22)

エアアジア、印の北東部から4都市に定期便(10/22)

インドのM&M、ピックアップで市場参入(10/22)

エアインディア民営化、来月に入札開始(10/22)

駐車場にEV充電スペース、南部州が検討(10/22)

商用車VECV、BS6への対応に自信(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン