• 印刷する

テイクオフ:会社近くのキオスクで、…

会社近くのキオスクで、1等6,000万豪ドル(約45億円)の宝くじを買った。カードで支払うと、2豪ドル余計に引かれている。それを伝えると、店の主人は悪びれもなく1豪ドルを返してきた。あと1豪ドルは?と聞くと、カードの手数料だと言う。どこにも書いてないと言うも「次は覚えておいて」と冷たく返され、1豪ドルは戻らなかった。

前から主人の愛想の悪さや、レシートを渡そうとしない態度に不信感があり、先週も同じ店で宝くじをカードで買ったことを思い出し、念のためカードの取引履歴を見てみた。案の定2豪ドル余計に引かれていた。おそらくこの主人のやり口なのだろう。大いに憤ったが、既に先週の宝くじは外れて捨ててしまったし、レシートもない。

宝くじはどの店で買うかが重要と言われる。当然、そんな店で買った宝くじは今週も当たらなかった。(花坊)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

連邦と州政府、建設業界の規制厳格化で合意(17:47)

大手の法人税減税、経済成長と賃金上昇も(17:47)

シドニートンネル計画、銀行融資意思確認へ(17:47)

テイクオフ:仕事終わりに、日本料理…(07/18)

テイクオフ:シドニー郊外のある洞穴…(07/18)

帝人、豪企と低速EV開発へ 環境・交通問題の解決狙う(07/18)

保険IAG、ネット自動車リース企業に出資(07/18)

ウールワース、ビッグWの閉鎖を加速(07/18)

豪服飾企、中国新疆の強制労働との関連否定(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン