• 印刷する

テイクオフ:会社近くのキオスクで、…

会社近くのキオスクで、1等6,000万豪ドル(約45億円)の宝くじを買った。カードで支払うと、2豪ドル余計に引かれている。それを伝えると、店の主人は悪びれもなく1豪ドルを返してきた。あと1豪ドルは?と聞くと、カードの手数料だと言う。どこにも書いてないと言うも「次は覚えておいて」と冷たく返され、1豪ドルは戻らなかった。

前から主人の愛想の悪さや、レシートを渡そうとしない態度に不信感があり、先週も同じ店で宝くじをカードで買ったことを思い出し、念のためカードの取引履歴を見てみた。案の定2豪ドル余計に引かれていた。おそらくこの主人のやり口なのだろう。大いに憤ったが、既に先週の宝くじは外れて捨ててしまったし、レシートもない。

宝くじはどの店で買うかが重要と言われる。当然、そんな店で買った宝くじは今週も当たらなかった。(花坊)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

テイクオフ:オーストラリアの産業界…(02/25)

日本渡航を「高度の警戒」に 豪、新型肺炎増加で引上げ(02/25)

〔政治スポットライト〕豪与党の支持率上昇、労働党との差縮小(02/25)

豪ベビー用品企、加ブラックベリーと商標争い(02/25)

安売りハリススカーフ、企業や実業家が興味(02/25)

アジア太平洋のM&A、新型肺炎で活性化へ(02/25)

小売企が賃料引き下げ要求、新型肺炎で逆境(02/25)

銀行の預金獲得合戦が緩和、貸付鈍化で(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン