レバラン後に首都へ移住、例年の半数

インドネシアのジャカルタ特別州人口・住民登録局によると、今年のレバラン(イスラム教の断食明け大祭)後に首都に新しく移り住んだ人の数は3万7,443人だった。当初は例年並みの7万人と見込んでいたが、約半数にとどまった。コンタン(電子版)などが4日伝えた。 ダニー局長は…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

テイクオフ:世の中が元に戻ったよう…(07/07)

ゴーベト、ゴジェックにブランド名など統一(07/07)

マセラ鉱区からシェル撤退、コロナの影響で(07/07)

米国の照明メーカー、中ジャワ州に工場移転(07/07)

電動バス2台が乗客乗せて試運転、3カ月間(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン