• 印刷する

香港CLP、インドで送電事業3件を取得

香港の電力大手CLPホールディングス(中電控股)は、インドの送電市場に参入する。インド法人CLPインディアを通じて、地場電力インフラ大手カルパタル・パワー・トランスミッション(KPTL)とエンジニアリング大手テクノ・エレクトリック・アンド・エンジニアリング(TEECL)から3件の送電事業を取得することで合意した。取引額は320億ルピー(約500億円)。

3日付ビジネス・ライン(電子版)によると、CLPインディアが取得するのは、KPTLが特別目的会社(SPV)カルパタル・サトプラ・トランスコ、アリプルダール・トランスミッション、コヒマ・マリアニ・トランスミッションの3社を通じて保有している事業。TEECLはコヒマに26%を出資している。

KPTLは、330億6,000万ルピーの負債を抱えている。CLPインディアは、取得するSPV3社の負債(推定計200億ルピー)を引き受ける見通しだ。

CLPインディアのナビーン・ムンジャル取締役(事業開発・商業担当)は今回の取引について、「当社は送電事業を重点分野と位置付けており、以前から参入を目指していた」とコメントした。


関連国・地域: 香港インド
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド映画に詳しくない…(07/15)

4~6月車販売は80%減 6月乗用車は5割減、封鎖が打撃(07/15)

6月の二輪販売、39%減の101万台(07/15)

スズキ二輪、グルガオン工場から500万台出荷(07/15)

MGのヘクタープラス、135万ルピーで発売(07/15)

現代自の新型クレタ、予約の2割は農村部(07/15)

CPI上昇率、6月は6.09%上昇(07/15)

6月卸売物価2%下落、3カ月連続マイナス(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン