• 印刷する

ASEAN積層造形市場、25年に1千億ドル

ドイツの鉄鋼・エンジニアリング大手ティッセンクルップらの調査で、東南アジア諸国連合(ASEAN)の3D印刷など積層造形(AM)市場が急成長し、2025年までに1,000億米ドル(約10兆7,000億円)規模に達するとの見通しが明らかになった。

同社は、シンガポールの国立積層造形イノベーションクラスター(NAMIC)などと共同でリポートを発表した。19年の推定値でアジア全体のAM市場は約38億米ドルだが、このうちASEANが占める割合は5~7%にとどまると指摘。ただ潜在的な成長力は高く、25年までに域内総生産(GDP)の1.5~2.0%を占めるようになると予想している。

さらに同市場の成長によってASEANの輸入額は約300億~500億米ドル減少するほか、30年までに域内全体で300万~400万人の新規雇用が創出されると予測している。

ティッセンクルップはこのほど、シンガポールに3D印刷施設「AMテックセンター・ハブ」を開業。東南アジアでのAM市場の拡大に備えていく方針だ。


関連国・地域: シンガポールASEAN
関連業種: 電機その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】ディープテック企業が増加 スタートアップ、医療分野活況(08/23)

越境電子決済の市場拡大、新規参入企業も(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

MICE市場の競争激化 東南ア2カ国、IT対観光(08/23)

NEC、富士ゼロックスからIT業務受注(08/23)

インドのデータ分析会社、アジア太平洋に参入(08/23)

米フィットビット、活動量計を無償提供(08/23)

UOB銀がハノイに支店、北部需要を開拓へ(08/23)

商社ノーブル、LNGとレアアースに注力(08/23)

高齢者の半数、フルタイム雇用希望(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン