• 印刷する

ASEAN積層造形市場、25年に1千億ドル

ドイツの鉄鋼・エンジニアリング大手ティッセンクルップらの調査で、東南アジア諸国連合(ASEAN)の3D印刷など積層造形(AM)市場が急成長し、2025年までに1,000億米ドル(約10兆7,000億円)規模に達するとの見通しが明らかになった。

同社は、シンガポールの国立積層造形イノベーションクラスター(NAMIC)などと共同でリポートを発表した。19年の推定値でアジア全体のAM市場は約38億米ドルだが、このうちASEANが占める割合は5~7%にとどまると指摘。ただ潜在的な成長力は高く、25年までに域内総生産(GDP)の1.5~2.0%を占めるようになると予想している。

さらに同市場の成長によってASEANの輸入額は約300億~500億米ドル減少するほか、30年までに域内全体で300万~400万人の新規雇用が創出されると予測している。

ティッセンクルップはこのほど、シンガポールに3D印刷施設「AMテックセンター・ハブ」を開業。東南アジアでのAM市場の拡大に備えていく方針だ。


関連国・地域: シンガポールASEAN
関連業種: 電機その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国の武漢を中心に流行…(01/28)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/28)

中国全土への渡航延期勧告 感染予防で(01/28)

新型コロナウイルス、4人目の感染確認(01/28)

新型コロナウイルス、新たに2人の感染確認(01/28)

グラブ、首都空港でEV配車サービス開始(01/28)

新型コロナウイルス検査キット、来月発売へ(01/28)

ラグナ州の揚水発電事業、海外2社が関心(01/28)

陸海の国境でも検温実施、新型肺炎対策で(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン