日韓でセパレーター増強合戦 追うSK、積極投資を加速

韓国でエネルギー事業を手掛けるSKイノベーションの投資が活発だ。2025年までに1兆ウォン(約922億5,000万円)以上を投じ、リチウムイオン電池向けセパレーター(絶縁膜)の生産能力を5倍に高めて世界トップシェアを目指す。一方、現在トップの旭化成と東レの日本勢も生産能力…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催(01/21)

テイクオフ:韓国の旧正月には、家族…(01/21)

経営体制固めるサムスン トップ判決控え、安定と技術力で(01/21)

輸出に占める半導体比率、19年は10%台に(01/21)

サムスン、印ディスプレー工場に5億ドルか(01/21)

「働く能力あるが働かず」初の200万人超(01/21)

起亜がSUVを投入、目標販売台数は4桁(01/21)

韓国ITカカオ、越中部で送迎サービス開始(01/21)

重光武雄氏が死去、ロッテ創業者(01/21)

韓国・カナダFTA、貿易額が年平均1.9%増(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン