• 印刷する

クラーク空港、1~6月の旅客数が過去最多

フィリピンのクラーク国際空港公社(CIAC)によると、同社が運営するクラーク国際空港(中ルソン地方パンパンガ州)の2019年1~6月の旅客数が、過去最多の210万人となった。前年同期に比べて63%増加した。1日付ビジネスワールドなどが伝えた。

旅客数の内訳は、国際線が91万3,724人、国内線が119万502人だった。単月で見ると、5月の旅客数が最も多く39万5,847人。月平均では34万5,000人が同空港を利用した。

旅客数の増加について、CIACのハイメ・メロ社長は「ドゥテルテ大統領と政府によるクラーク国際空港の利用促進が寄与した」と指摘した。政府はマニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の混雑緩和に向け、クラーク国際空港の利用を促進させたい方針だ。

クラーク国際空港の現在の旅客処理能力は年420万人。同空港では新ターミナル(年間旅客処理能力800万人)の建設が進んでいる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ空港拡張が白紙に 政府と財閥連合、事業費巡り対立(07/10)

コロナ感染新たに1395人、累計5万1754人(07/10)

国営病院、新型コロナ患者の病床が逼迫(07/10)

現金給付巡る違法行為、地方自治体で多発(07/10)

Gキャッシュによる納税倍増、1~6月(07/10)

メトロバンクとBDO、米ドル建て社債発行(07/10)

中国との農業技術協力、プログラム再開(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン