上場企業の海外投資が活発化 18年は6割増、緬越がトップに

タイの上場企業による海外直接投資(FDI)が活発化している。2018年のFDIの総額は前年比で約6割増加し、過去8年で最高を記録。海外投資をする企業数も右肩上がりに増えており、投資先では、東南アジア諸国連合(ASEAN)の中でも経済成長が著しく、内需が拡大するミャ…

関連国・地域: タイベトナムミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイの消費者ローンの不…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

19年上半期の輸出2.9%減 6期ぶりマイナス、対中輸出低迷(07/23)

APホンダ、LINEとコラボの二輪発売(07/23)

アウディ、スポーツクーペの新型車発売(07/23)

物流IWDインフォ、倉庫投資で合弁事業(07/23)

不動産ラリンの予約販売好調、低層重視奏功(07/23)

PTT、RATCHの発電所に天然ガス供給(07/23)

中部ロッブリのダム、貯水量が5%に低下(07/23)

ガルフ、ベトナム風力事業で売電契約を締結(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン