《知財》特許紛争の政治問題化懸念、華為幹部

【上海共同】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の宋柳平・上級副社長は27日、広東省深センの本社で記者会見し「政治家が知的財産権を政治の道具として使えば、特許保護制度の信頼が破壊される」と語り、知財を巡る企業間の紛争を「政治問題化」することに懸念を表明し…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海系FII、中国で5Gモジュール開発(18:46)

対中関税でサムスンに競争力、アップル懸念(17:12)

大中華圏の利益が5年で3倍、OCBC銀(18:32)

中国との国境貿易路に打撃 武装勢力の襲撃で、観光も影響(08/19)

テイクオフ:日本のお盆休みは、台湾…(08/19)

人民元安で対中輸出が減速 1ドル=7元突破、続く元安圧力(08/19)

テイクオフ:来たからには何か買って…(08/19)

191億ドルの緊急経済対策 政府、景気に強い危機感(08/19)

31省の上期GDP、広東首位 初の5兆元突破、成長率は雲南(08/19)

豪州、太平洋地域で孤立? 石炭産業の段階的廃止に反対で(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン