5G製品生産「影響なし」、華為副会長

【上海共同】中国の通信機器大手、華為技術(広東省深セン市、ファーウェイ)の胡厚崑副会長は26日、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムの生産に関し、トランプ米政権による禁輸措置の影響が「全くない。顧客への製品供給を保証できる」と述べた。既に欧州を中心に全世…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コンサル業を営む友人と…(07/18)

19年のGDP成長率2%に 中経院、予測値を下方修正(07/18)

高速道路建設、米企業が財務アドバイザーに(07/18)

越からのTV輸入37倍に激増 韓大手が輸入シフト、業界が危惧(07/18)

「米の対中相殺関税は不当」 WTOが判断、中国商務省は歓迎(07/18)

ラーガン、車載用レンズ市場から撤退か(07/18)

タイCPの養鶏など投資12件・恩典9件を認可(07/18)

アクレダ銀、銀聯国際と非接触型デビカ発行(07/18)

本土客伸び率予測を下方修正、HSBC(07/18)

豚肉の高騰続く、6月は3割上昇(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン