《日系進出》荒川化学、製紙用薬品の工場立ち上げへ

荒川化学工業(大阪市中央区)は26日、ベトナムに製紙用の薬品工場を建設する計画を明らかにした。投資額は20億~30億円前後の見通しで、2022年をめどに製造と販売を開始する計画。 工場の所在地はまだ決まっていないものの、南部バリアブンタウ省のフーミー3特別工業団地を第1…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 化学その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(16:33)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(16:33)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

日本製紙、紙コップ生産3倍に ベトナム紙業界の最新動向(3)(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

ユニクロ2号店、ハノイに3月6日オープン(02/25)

2月の外国人航空旅客、新型肺炎で4割減(02/25)

バンブー航空、韓国便2路線の運航停止(02/25)

韓国からの入国、診断書の提示を義務化(02/25)

ベトナム航空、4月の中国便再開を視野(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン