《日系進出》荒川化学、製紙用薬品の工場立ち上げへ

荒川化学工業(大阪市中央区)は26日、ベトナムに製紙用の薬品工場を建設する計画を明らかにした。投資額は20億~30億円前後の見通しで、2022年をめどに製造と販売を開始する計画。 工場の所在地はまだ決まっていないものの、南部バリアブンタウ省のフーミー3特別工業団地を第1…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 化学その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

繊維業界、機械や検品が活況 島精機、サービス武器に販売強化(07/17)

2Qの二輪車販売、4.4%減の75万台(07/17)

ベトラベル航空、20年10月の就航が目標(07/17)

ロンタイン空港、運輸省がFS報告書審査中(07/17)

日新電機が越3割増産、装置部品で域内分担(07/17)

縫製マツオカ、北中部にベトナム第4工場(07/17)

韓国農協銀が旅行社と提携、越QR決済促進(07/17)

食品PAN、製菓ビビカを公開買い付け(07/17)

台湾ミルクティー「テンレン」、営業終了へ(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン