• 印刷する

カナダの食肉を全面禁輸、25日から

在カナダ中国大使館は26日、カナダから中国への食肉輸入を全面的に禁止したと明らかにした。カナダに対し25日から、中国へ輸出する肉類への輸出証明の発行を自主的に停止するよう要求した。

カナダ産の食肉を巡っては、中国に輸入された豚肉から中国での使用が禁止されている成長促進剤ラクトパミンが検出され、税関総署が今月14日付で税関検査を強化すると通達していた。大使館によると、その後の調査でカナダ側の検査担当官だった獣医師による衛生証明書が偽造だったことが発覚。中国側はカナダの肉類輸出管理に問題があると判断し、今回の禁輸措置に至った。偽造書類は188通が確認され、カナダ側はこの問題を刑事事件として扱っているという。

税関総署は3月にも、検疫で有害生物を検出したとして同国の穀物流通大手バイテラからのキャノーラ(菜種)輸入を停止すると発表。当時は、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長兼最高財務責任者(CFO)を務める孟晩舟被告をカナダが拘束した問題を巡り、両国関係が悪化したことが背景にあるとの見方も出ていた。


関連国・地域: 中国-全国カナダ
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

エイサー、サプライチェーン断裂の心配なし(12:30)

新型肺炎の死者2236人、感染者7万5465人(12:07)

チャウピュー特区、事業費は300億ドル規模(12:31)

完全外出禁止は77人(19日正午)(12:33)

1月の輸出受注、12.8%減 11カ月ぶり2桁減、2月も低迷へ(02/21)

通信ディト、事業開始21年に 基地局整備遅れ、品質を重視(02/21)

出稼ぎ労働者の復帰で対策 専用列車、拡大防止と再開支援(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

鴻海の1Q売上高が45%減も、肺炎響く(02/21)

ダウェー特区開発、中国国営企業が投資意欲(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン