• 印刷する

三井物産、中国ヘルスケア投資で新ファンド

三井物産は25日、香港の中国政府系複合企業である華潤集団、中国投資会社の厚樸投資(HOPU=ホープ、北京市)と合弁会社を設立し、中国ヘルスケア市場に特化した総額10億米ドル(約1,070億円)規模の新ファンドを創設すると発表した。中国市場の成長取り込みを目指す。

3社は各子会社を通じて投資会社「CMHヘルスケア・ホールディング」を設立する。資本金は非公開だが、三井物産が30%、華潤が40%、ホープが30%を出資する。早ければ今夏の設立を見込んでいる。

新ファンドの「CMHヘルスケアファンド」は合弁会社を通じて立ち上げ、中国を中心とした病院事業や中国内外のヘルスケア関連事業を対象とした投資を行う。内外投資家からの出資も募る予定。

中国本土市場では高度先進医療技術へのニーズが高まっている。三井物産の広報担当者は「中国ナンバーワンの病院運営事業者である華潤、ファンド運用能力への期待の高いホープとの3社で相互利益を目指したい」と語った。ホープの運用資産残高は100億米ドル超に上る。

三井物産は新ファンド設立を、同社が筆頭株主を務めるマレーシアの民間病院運営大手IHHを中核としたアジアでのヘルスケアエコシステム構築に向けた重要な地域戦略の一環と位置付けている。


関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: 医療・医薬品金融

その他記事

すべての文頭を開く

19年の台湾人出境3%増、日本行きが首位(12:52)

19年の訪台旅行者、過去最多の1186万人(12:50)

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(13:36)

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(02/26)

テイクオフ:日本への移住について相…(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

建設業界、既に5万人が失業 組合推計、資材調達難で工事停止(02/26)

MTR旺角東駅員が感染、計84人に(02/26)

香港の学校再開、早くて4月20日に(02/26)

武漢の香港人帰還へ専用機派遣方針、政府(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン