• 印刷する

海運チェルシー、福岡造船に貨客船1隻発注

フィリピンの海運・物流大手チェルシー・ロジスティクス(CLC)は24日、中堅造船会社の福岡造船(福岡市)と貨客船の購入契約を締結したと発表した。契約額は明らかにしていない。2021年6月に納入を受ける予定だ。

購入するのは、全長123メートルのRORO船(トラック等の車両が直接乗り入れることができる船)。乗客定員は1,085人で、乗客が増え続けているビサヤ、ミンダナオ両地方の需要に応えられるという。バスとトラックの積載台数は最大でそれぞれ24台、11台となる。

CLCのクリス・ダムイ社長は「創業70年以上の歴史を持つ、福岡造船の技術は信頼に値する」とコメント。福岡造船との長期的な協力関係を築きたい考えを示した。

福岡造船の担当者は25日、NNAに対し、受注額については公表していないと説明。今後の受注見通しについてはコメントを控えた。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: その他製造運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

利下げ観測広がる 中銀総裁が示唆、米に追随か(07/19)

19年のインフレ目標、2.7~3.5%に下方修正(07/19)

19年成長率6.2%に下方修正、ア開銀予測(07/19)

電子サーテック、米企業と生産受託契約(07/19)

スービック高速道、拡幅第1期が10月完成(07/19)

仏PSAが東南アへ輸出開始、比皮切りに(07/19)

事業環境整備法で施行規則、官僚主義追放へ(07/19)

在職期間保障法への署名拒否、財界が要求(07/19)

企業14社が未払い、電気料金19億ペソ請求(07/19)

貿産省、中小零細への融資促進へ法案提出(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン