• 印刷する

武力衝突による避難民48万人、市民団体報告

ミャンマー全国の15市民団体がまとめた報告書で、国内の武力衝突が原因で自宅を逃れて暮らす避難民の数が、2018年12月時点で48万人以上に上ったことが分かった。

今月20日に発表された報告書の作成には、東部カイン(旧カレン)州、北東部シャン州、東部カヤー州、東部モン州、北部カチン州などを拠点に活動する15市民団体が協力。避難民の数の地域別の内訳は、9万7,000人が国境を越えてタイに渡っており、国内ではシャン州北方やカチン州の国内避難民(IDP)キャンプに10万6,000人、カイン州やモン州のIDPキャンプにも28万人が住む。

ミャンマーでは、テイン・セイン前政権時代の15年、北部の8武装勢力が政府との停戦協定(NCA)を締結しているが、報告書では、NCAが締結されたエリアでも国軍と少数民族武装勢力の衝突が続き、避難民が増えていると指摘している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー特区、事業費は300億ドル規模(02/21)

オフショアで新ガス田発見 韓ポスコ、商業生産見込む(02/21)

ダウェー特区開発、中国国営企業が投資意欲(02/21)

韓国KB国民銀、外銀免許取得の準備を推進(02/21)

ヤンゴン、市内47カ所で大気汚染を観測へ(02/21)

AFTA参加に向け貿易戦略を強化、商業省(02/21)

ヤンゴンの土地払い下げ、640件が審査通過(02/21)

次期総選挙、約100政党が争う見通し(02/21)

離島を「スー・チー島」に、地元で要望(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン