• 印刷する

テイクオフ:どこの国にも迷惑なご近…

どこの国にも迷惑なご近所さんがいる。日本でいえば「モンスター」が頭につくような人達だ。ここシンガポールでは、周囲から「地獄から来た隣人」と呼ばれる困った住民がいるというのを地元紙で目にした。

その隣人は50代の女性で、息子と共に、ある公営アパートに数年前に引っ越してきた。ほどなく近所とのトラブルが始まり、音楽を大音量で鳴らしたり、近隣住民のドアに調理油をひっかけたり、周囲を威嚇したりとやりたい放題だ。警察に通報しても犯罪と認定されず、ここ2年で周辺の6家族がアパートを出ていったという。

ふと、妻から「モンスター隣人」と「幽霊」がいるアパートのどちらがよいかと聞かれた。「幽霊」と答えておいたが、こちらも相性が良くないと眠れない日々が続きそうだ。住まいを選ぶ際は、隣人の調査もきちんとしておいた方がよさそうだ。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

銀行とフィンテック企業の支援、当局が強化(15:04)

大手3行、新型コロナ絡みの解雇はせず(14:57)

国際仲裁センターの取扱件数、昨年は過去最多(14:55)

デジタル銀行の免許付与、年内発表に延期(14:51)

過去最多287人感染、計1910人(9日)(00:13)

外国人労働者の宿舎、軍投入で感染対策強化(04/09)

友人同士で外出も違法=大臣が強調(04/09)

UOB銀のCEO報酬、19年は1.8%増(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン