• 印刷する

ケーヒン、トヨタからエンジン部品を初受注

二輪・四輪車部品の製造・販売を手掛けるケーヒン(東京都新宿区)はこのほど、タイでトヨタ自動車向けのガソリンエンジン用部品を受注したと発表した。同社は製品の大半をホンダに供給しており、トヨタからの受注は初めて。

退任した横田千年前社長が、21日に東京都内で開いた株主総会で明らかにした。ホンダ以外の新規顧客への拡販を目指すケーヒンからのアプローチにより受注に至ったという。同社の広報担当者は24日、NNAに対し「受注した部品の種類や生産地、納入時期、供給量といった詳細は現時点で公表できない」と述べた。これを皮切りに、トヨタとの取引拡大や他の自動車メーカーへの拡販を図る。

ケーヒンは2009年、バンコクにアジア地域統括会社ケーヒンアジアバンコクを設立。タイ国内に二輪車・汎用部品、四輪車部品の生産・販売拠点を複数構える。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午) インド、日本人の到着査証発給停止(02/28)

【循環型経済】海洋プラごみ、回収船と連携 オランダに見るタイの活路(下)(02/28)

1月の新車販売、8.2%減の7.2万台(02/28)

2020年1月のタイの新車販売台数(表)(02/28)

東南アのバイク販売、5%増の1375万台(02/28)

アウディ、小型乗用車・SUVの販促強化(02/28)

BMW、セダンの新型3モデル発売(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(02/28)

SCが新規開発13件、低層住宅にシフト(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン