• 印刷する

テイクオフ:海外生活で英語に慣れた…

海外生活で英語に慣れた子どもにとって漢字の練習は地獄のようだ。複雑な形の文字には書き順もあれば、音訓の読みもある。親としては、せめて三島や芥川、川端といった日本を代表する現代文学を味わう喜びを与えたいという方針で特訓させている。

金閣寺を英語で読んだ外国人の友人が「寺に放火したお坊さんの物語だよね」と概説したことがあった。サスペンス?なかなかの衝撃で「いや、劣等感にさいなまれる主人公の美への嫉妬で……」言葉が続かなかった。

友人はならば、とひと言。「Love means never having to say you're sorry」。米映画「ある愛の詩」で恋人を亡くした息子が、交際に反対していた父に放った名セリフだとは分かったが、直訳で受け止め、その深みにまでは到達できなかった。言語にこだわらず共振する心を育ててあげたら、と友人。肩の力が抜けた。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スズキ四輪、4年ぶり参入か 複合ナザと代理店交渉=地元報道(02/21)

クルーズ船乗員も陰性、近く出航(02/21)

1月新車販売は12%減の4.3万台(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

RM1=26.7円、$1=4.18RM(20日)(02/21)

密輸たばこ流通量、19年は市場の6割超に(02/21)

5G整備遅延も、新型肺炎で機器調達に支障(02/21)

AIで新型肺炎リスク測定、MYEG(02/21)

保釈金の支払い電子化、バンクイスラムなど(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン