• 印刷する

グローブが来月5Gサービス開始、東南ア初

グローブが7月に投入する家庭用5Gサービスのロゴ(同社提供)

グローブが7月に投入する家庭用5Gサービスのロゴ(同社提供)

フィリピンの通信大手グローブ・テレコムは20日、7月に第5世代(5G)通信システムによる家庭用サービス「グローブ・アット・ホーム・エア・ファイバー5G」を開始すると発表した。東南アジア諸国連合(ASEAN)で、商用5Gサービスは初という。

マニラ首都圏パシッグ市、カビテ州、ブラカン州の一部で同サービスを開始する。通信速度は、利用料金が月額2,899ペソ(約6,000円)のプランが最大100メガビット毎秒(Mbps)。データ通信量は、最大2テラバイト(TB)となる。

アーネスト・クー社長は声明で、「5Gの導入により、2020年までに家庭用サービスを利用する世帯数を200万世帯に引き上げる目標の達成につなげる」と語った。19年3月末時点では170万世帯が同社のサービスを使っており、16年3月末時点の110万世帯から5割以上伸びた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

4カ国から入国禁止、日本は対象外(09/17)

新型コロナ、新たに2万336人感染(09/17)

全国民、30年までに水道利用 政府計画、1.1兆ペソ投資見込む(09/17)

新型コロナ、新たに2万1261人感染(09/17)

感染リスク高い都市、全国で90%超え(09/17)

首都圏の酒類販売、複数自治体で緩和(09/17)

首都圏の感染対策違反33万人、8月21日以降(09/17)

マニラ地下鉄、来年3月までに掘削開始(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン