• 印刷する

グローブが来月5Gサービス開始、東南ア初

グローブが7月に投入する家庭用5Gサービスのロゴ(同社提供)

グローブが7月に投入する家庭用5Gサービスのロゴ(同社提供)

フィリピンの通信大手グローブ・テレコムは20日、7月に第5世代(5G)通信システムによる家庭用サービス「グローブ・アット・ホーム・エア・ファイバー5G」を開始すると発表した。東南アジア諸国連合(ASEAN)で、商用5Gサービスは初という。

マニラ首都圏パシッグ市、カビテ州、ブラカン州の一部で同サービスを開始する。通信速度は、利用料金が月額2,899ペソ(約6,000円)のプランが最大100メガビット毎秒(Mbps)。データ通信量は、最大2テラバイト(TB)となる。

アーネスト・クー社長は声明で、「5Gの導入により、2020年までに家庭用サービスを利用する世帯数を200万世帯に引き上げる目標の達成につなげる」と語った。19年3月末時点では170万世帯が同社のサービスを使っており、16年3月末時点の110万世帯から5割以上伸びた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:一斉に逃げ惑う市民で現…(04/02)

マニラ港に閉鎖の危機 コンテナ滞留、法的措置へ(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

新型コロナ感染者2311人に、死者は96人(04/02)

財務省、融資返済猶予に施行細則(04/02)

貿産省、スーパーの営業時間延長を提言(04/02)

外出制限の解除、慎重に検討を=WHO(04/02)

ニッケル業界、新型コロナで操業停止も(04/02)

苦境の航空業界、政府に緊急支援要請(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン