• 印刷する

中国開発大手、カラワンで工業団地の起工式

新工業団地KNIC起工式の様子=20日、西ジャワ州カラワン県(産業省提供)

新工業団地KNIC起工式の様子=20日、西ジャワ州カラワン県(産業省提供)

中国の不動産デベロッパー大手、華夏幸福基業(CFLD)の国際部門でシンガポールに拠点を置くCFLDインターナショナルは20日、西ジャワ州カラワン県に開発する工業団地「カラワン・ニュー・インダストリー・シティー(KNIC)」の起工式を行った。建設費は3億米ドル(約321億3,000万円)。

中国系の電子商取引(EC)会社ウーク・グローバル・テクノロジー(WOOK)や、日系の金属切削工具製造会社イキムラ・インドツールズ・センターなど、中国、日本、台湾、インドネシアの計6社の入居が決まっている。投資額は総額1億米ドルに達する見通し。

KNICは、首都ジャカルタから東に47キロメートル。ジャカルタと西ジャワ州バンドンの中間に位置する。チカンペック高速道路や首都圏軽量軌道交通(LRT)など交通インフラの利便性もよい。敷地面積は205ヘクタールで、管理事務所などの主要施設や道路、電気などの基礎インフラは完成済み。4,000人の新規雇用の創出が見込まれている。

アイルランガ産業相は「デジタル技術を使い製造業などの革新を目指す『インダストリー4.0』(第4次産業革命)を促進する工業団地になることを期待する」と歓迎した。


関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】2カ国軸に域内で出店加速 モスフード、生産拠点も視野(07/19)

バリ空港、イスタンブール直行便が就航(07/19)

ゴジェックとアストラ、自動車リースを開始(07/19)

国内最大の自動車展が開幕 25ブランド出展、起爆剤となるか(07/19)

自動車展:4トップ、電動車など新技術紹介(07/19)

自動車展:中国2社は音声認識システム披露(07/19)

自動車展:スズキは「ジムニー」を販売(07/19)

ゴジェック運転手がデモ、報酬基準変更で(07/19)

自動車展:日系商用車3社、新モデル発表も(07/19)

自動車展:VWは組み立て生産を再開(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン